哲学には人生があり 哲学が好きです

How to Grow Happiness

04.18.2014 · Posted in 未分類

Step one:Plant yourself deep in a bed of faith, and pack it down solid and tight. Drench daily with positive thinking, and keep saturated just right. Mulch often with forgivenss, for this will help you grow. Quickly remove any seeds of worry, for they will soon germinate, and keep out the weeds of despair. Nourish disappointments with hope whenever it is neeeded, and always stay cool and shaded when you feel irritated or heated. Trim away guilt or depression, for they create decay, and cultivate with happy memories as often as every day.
ステップ1:自分を深く「信念」の土に植えつける。毎日「前向き考え」という水をやり、常に浸透をさせましょう。幸せの苗が生長させるために、いつも「寛容さ」で根覆いをさせましょう。「心配の種」があれば、すぐ除くこと、また、「絶望の雑草」を防がなければいけない。必要なときは、絶望を希望で潤い、イラついたり、感情が高まったりすれば、冷静を保つことが必要。枝を整え、罪悪感や意気消沈の枝をお手入れする。毎日、「楽しい思い出」で苗を優しくケアする。

Step two:Harvest the lessons of the past; just dig, pick, and hoe. And nurture the roots of the present, for now is when you flourish and grow. Start planting for the future; set your goals in a row. Spade the bed well for all your dreams to grow.
ステップ2:掘り返す、収穫、選別、これら「過去」の経験から学び、勢い良く成長する「今」という根を大切にする。目標と計画を持ちながら、「明日の夢」を植えるために準備する。

Step three:Remember that grief is a natural predator, so learn to tolerate some damage. Protect your garden with daily prayers, for this will help you manage. Bury the criticism and complaining, for they are injurious pests. Sow the seed of love wherever you may go--for joy, love, and laughter are surely bound to grow. Although the thorns of life may be here to stay, just sprout a smile along the way...and be thankful for what you have today!
ステップ3:覚えといて、「不幸」は天然の肉食動物、やつらに与えられる被害を認識すれば、完璧でなくても理解と寛容の心が持てる。毎日花園のために祈り、管理能力に役に立つことになる。批判と愚痴という害虫を埋め、「愛の種」を至るところまで振りまき、喜び、愛、微笑みがきっと成長するのは間違いないでしょう。とげだらけの道のりでも、沿路に笑顔さえあれば・・・何があっても、今日の全てを感謝の気持で生きよう。

「幸せの植え方」って本当に面白いです。幸せの定義は人によって違います。子供のようにフジテレビKIDSをただ見てるだけで幸せを感じることとは同じく、単純に今を満足と感じることも大切なんじゃないでしょうか。我々の人生は大きな花園のようなもの、我々自分自身しか手入れのできない、その秘密の花園で、満園にきれいなお花を咲かさせようか、雑草が一面永遠に広がる廃地になろうか、全ては我々次第です。





What is your definition of success exactly ?

04.03.2014 · Posted in 未分類

I don’t believe that there is any one recipe for success. Instead, I believe success is the result of a combination of a lot of different factors - and not all of them are needed for success. The more factors you have on your side, the more likely you are to succeed, and positive attitude is just one of those factors. Here are additional factors that are also important.
成功には何の秘訣もないと思う。逆に、成功はたくさんの要素があってこそできる結果であって、不必要な要素もあるけれど、有利の要素は多ければ、成功の可能性がもっと高くなり、積極的な態度がその中の1つである。その他の大切の要素は以下になる。

Knowledge A strong body of knowledge about the area in which you wish to succeed is often one of the key building blocks of success. You can build this by pushing yourself - read and try out the foundational materials and push yourself into challenging areas to build your knowledge.
知識。
携わりたい領域に関する十分の知識が成功のキーである。基礎的なものを読むことや試すこといよって、前に進むことができる、あるいわ、自分を挑戦的で新境地の開拓によって、知識の倉庫を建てることができる。

Clear goals and planning Much like a trip, it’s a lot easier to get where you want to go if you know where you’re going and spend the time to plan the route you’ll take to get there. Think about what your definition of success exactly is, then identify some of the things that need to be done to help you move towards it.
目標と計画を明確する。
旅行に行くように、自分の目的が分かっていて、時間をかけて路線を計画すれば、目的地に辿り着きやすくなる。あなたにとって「成功」とは何?目標に近づくために必要なものをはっきりし、それをやり遂げる。

Cooperation/support Along with luck comes cooperation - the fact that others are working in small ways to help you succeed rather than hinder you. A spouse telling you that you can do this is going to go a lot further than a spouse telling you you’ll never make it.
協力しあい、支えあい。 我々は実際に些細なことで他人にいっぱいに助けてもらっていて、邪魔されてるわけではない。あなたには無理だって言われるより、あなたならできると言われた方がもっと頑張れるでしょう。


「三国演義」に成功の条件は、「天の利、地の利、人の和」となります。
天の利は、時期、運の良さ。地の利は、地勢、環境の良さ。人の和は、努力、協力、チームワークの良さです。これらの条件は大事ですが、諦めない心、情熱が冷めない心も欠かさないですね。



Did you deal with fortune fairly?

03.24.2014 · Posted in 未分類

Most people complain of fortune, few of nature; and the kinder they think the latter has been to them, the more they murmur at what they call the injustice of the former.
多くの人は自分の運命に不平を言うが、自然を苦言を訴える人が少ない、自然に愛されてると思えば、もっと多くの人が運命の不公平をぶつぶつ言う。

Why have not I the riches, the rank, the power, of such and such, is the common expostulation with fortune; but why have not I the merit, the talents, the wit, or the beauty, of such and such others, is a reproach rarely or never made to nature.
運命に問いただす、どうして私には、金、地位、権力などを持てない!?しかし、どうして私には、長所、才能、知恵、美貌を持てない!?なんて、人は自然のものを責めない。

The truth is, that nature, seldom profuse, and seldom niggardly, has distributed her gifts more equally than she is generally supposed to have done. Education and situation make the great difference. Culture improves, and occasions elicit, natural talents I make no doubt but that there are potentially, if I may use that pedantic word, many Bacons, Lockes, Newtons, Caesars, Cromwells, and Marlboroughs at the ploughtail behind counters, and, perhaps, even among the nobility; but the soil must be cultivated, and the season favourable, for the fruit to have all its spirit and flavour.
事実は、自然は公平に人々に才能を与えていて、多すぎず、少なすぎずに。人と人と違いは環境や教育によるものである。教養によって才能が優れていく、環境によって才能が誘発される。たんぼで農作業をしようか、カウンターの後ろにいようか、貴族に囲まれようか、そのベーコンたち、ロックたち、ニュートンたち、カエサルたち、クロムウェルたち、及びマールバラたちは、その中にいることを否定できない、「潜在的」という言葉を使っていいのなら。しかし、それはよい土で栽培し、季節の好調、によって、生命力のある実を結ぶことができるでしょう。

Though all are thus satisfied with the dispensations of nature, how few listen to her voice! How to follow her as a guide! In vain she points out to us the plain and direct way to truth, vanity, fancy, affection, and fashion assume her shape and wind us through fairy-ground to folly and error.
自然の与えに、人々は満足した、しかし、自然の忠告に耳を傾ける人が少なかった。自然の導きに従う人が少なかった。自然が我々に、真実へのまっすぐの道のりを開けたのに、見栄張り、まぼろし、恋心、流行のせいで、自然の真の形が見えなくなっていく、おろかなことで、我々はそのまま過ちを犯してしまう。

難しい文章です。しかし、良いたいことは簡単。天に与えられるものは、皆平等であっても、認識方や使い方によって、結果が完全に違ってきます。自分の不運や不遇を嘆くより、努力した方がいいかもしれません。それによって、新世界が自ら開けるようになるかもしれません。



A Reason, Season, or Lifetime

02.22.2014 · Posted in 未分類

People come into your life for a reason, a season, or a lifetime. When you figure out which one it is, you will know what to do for each person.
人はある理由、季節、生きがいのために、あなたの人生に入ってくる。その中の1つの理由を悟ったその時は、あなたは他人のために何かができるのが分かる。

When someone is in your life for a REASON, it is usually to meet a need you have expressed. They have come to assist you through a difficulty, to provide you with guidance and support, to aid you physically, emotionally, or spiritually. They are there for the reason you need them to be.
Then, without any wrongdoing on your part, or at an inconvenient time, this person will say or do something to bring the relationship to an end. Sometimes they walk away. Sometimes they act up and force you to take a stand. Sometimes they die.
What we must realize is that our need has been met, our desire fulfilled, their work is done. Your need has been answered, and now it is time to move on.                                                    誰かが「理由」があってあなたの人生に現れる、それはあなたが必要とするからだ。その人たちはあなたが困難を乗り越えられるように、手助け、支え、感情的に、精神的に、あなたを助けるために、あなたが彼らが必要としているからだ。
その後、あなたは困らないときや、助けが必要のないとき、彼らは言葉や行動でこの友情を断ち切る。それは、時には、彼らは離れていくからだ。時には、彼らはあなたが困難に立ち向かえるように強行な態度を取るからだ。時には、彼らは亡くなるからだ。
自分の希望が実現し、満足したその時は、彼らの仕事が完成したのだ。あなたの必要に答えを得たので、それから前に進まなければいけないのだ。

When people come into your life for a SEASON, it is because your turn has come to share, grow, or learn.
They bring you an experience of peace, or make you laugh. They may teach you something you have never done. They usually give you an unbelievable amount of joy. Believe it! It is real! But, only for a season.
人が「理由」があって、あなたの人生に現れる時、あなたの番がきた、成長すること、学ぶことを他人と共用する時がきた。
彼らは平和、楽しさをもたらす。あなたに体験のないことを教える。彼らは数え切れないほどの喜びを届けてくる。信じて!それは本当!でもそれはただの1つの「理由」であるために。
LIFETIME relationships teach you lifetime lessons; things you must build upon in order to have a solid emotional foundation.
Your job is to accept the lesson, love the person, and put what you have learned to use in all other relationships and areas of your life. It is said that love is blind but friendship is clairvoyant.
生涯の人間関係は、あなたの一生の宝物、こつこつ努力すれば、堅実の基盤を築くことができる。
それを手に入れるために、あたなはただ経験をしたことを受け入れ、人を愛し、学んだことを他人に接することなどに取り込むだけでいい。男女の愛は人を盲目にするけど、友情は純粋で、透明なのだ。

友達は一生の宝物であって、友達のいない人生ほど寂しいものはありません。たまにわがままで、理不尽になった自分を完全に受け入れるのが家族以外に、友達しかいないですね。人って、家族にも言えない喜びや悲しみを誰かに聞いて欲しいそのときは、友達はいつもどこかで待ってくれるますから、友達って偉大です。



Advice to a young man

02.02.2014 · Posted in 未分類

Remember, my son, you have to work. Whether you handle a pick or a pen, a wheel-barrow or a set of books, digging ditches or editing a paper, ringing an auction bell or writing funny things, you must work.
If you look around you will see the men who are the most able to live the rest of their days without work are the men who work the hardest.
Don't be afraid of killing yourself with overwork. It is beyond your power to do that on the sunny side of thirty.
They die sometimes, but it is because they quit work at six in the evening, and do not go home until two in the morning. It’s the interval that kills, my son.
The work gives you an appetite for your meals; it lends solidity to your slumbers, it gives you a perfect and grateful appreciation of a holiday.
忘れないで、若者よ、君たちは仕事をしなければいけないのだ。手に取るのはつるはしか、筆か、手押し一輪車か、帳簿かに関係なく、地面を掘ろうが、新聞を編集しようが、オークションを主催しようが、文書を書こうが、君たちは働かなければいけないのだ。
周りにいる人間を見れば分かる、誰よりも一生懸命に働いてる人たちこそ、歳を取ると、何も心配せずに晩年を楽しめることが多い。
仕事をたくさんすることで自分に負担をかけないかと心配しなくていい、だってまだ30歳になってない君たちはそれ以上のパワーを持っているから。
若い命を落とした人もいるけど、6時に仕事が終わっても、深夜2時まで家に帰らなかった。若者よ、それが生活を台無しにした原因なのだ。
働くことによって、君たちは食欲も旺盛になり、安らかな睡眠を得、より休日のありがたみを感じられるでしょう。

There are young men who do not work, but the world is not proud of them.
It does not know their names, even it simply speaks of them as “old So-and-So’s boy”. Nobody likes them; the great, busy world doesn't know that they are there.
So find out what you want to be and do, and take off your coat and make a dust in the world. The busier you are, the less harm you will be apt to get into, the sweeter will be your sleep, the brighter and happier your holidays, and the better satisfied will the world be with you.
働かない若者もいるが、世界が彼らを誇りに思うことはない。
彼らの名は知られずに、ただ「怠けもの」と呼ばれる。彼らは好かれずに、この広い忙しい世界には彼らの居場所はない。
何をしたい、何になりたいのを見つけた法がいい、上着を脱ぎ、ちりを作って。もっと忙しくすれば、君たちには損なうことはなく、安らぎに眠れ、もっと明るく、楽しい休日や、もっと快適な生活をあなたを待っているでしょう。

何故働くの?って良く聞いたりしますね。正直に、何となく分かりますが、はっきりと理由を言えないかもしれません。ただ、自分の生きる意味は「働く」という行動で意味が表すんじゃないかと思います。何より、苦しいこともあるけど、働くことは楽しいです。生きていけば、人は自分の生きる意味を「働き」の中で見つけることが多いと思います。自分だけのためではなく、他人のためでもある仕事をすれば、これ以上の幸せはないかもしれませんね。