哲学には人生があり 哲学が好きです

Advice to a young man

02.02.2014 · Posted in 散文

9988u8.jpg

Remember, my son, you have to work. Whether you handle a pick or a pen, a wheel-barrow or a set of books, digging ditches or editing a paper, ringing an auction bell or writing funny things, you must work.
If you look around you will see the men who are the most able to live the rest of their days without work are the men who work the hardest.
Don't be afraid of killing yourself with overwork. It is beyond your power to do that on the sunny side of thirty.
They die sometimes, but it is because they quit work at six in the evening, and do not go home until two in the morning. It’s the interval that kills, my son.
The work gives you an appetite for your meals; it lends solidity to your slumbers, it gives you a perfect and grateful appreciation of a holiday.
忘れないで、若者よ、君たちは仕事をしなければいけないのだ。手に取るのはつるはしか、筆か、手押し一輪車か、帳簿かに関係なく、地面を掘ろうが、新聞を編集しようが、オークションを主催しようが、文書を書こうが、君たちは働かなければいけないのだ。
周りにいる人間を見れば分かる、誰よりも一生懸命に働いてる人たちこそ、歳を取ると、何も心配せずに晩年を楽しめることが多い。
仕事をたくさんすることで自分に負担をかけないかと心配しなくていい、だってまだ30歳になってない君たちはそれ以上のパワーを持っているから。
若い命を落とした人もいるけど、6時に仕事が終わっても、深夜2時まで家に帰らなかった。若者よ、それが生活を台無しにした原因なのだ。
働くことによって、君たちは食欲も旺盛になり、安らかな睡眠を得、より休日のありがたみを感じられるでしょう。

There are young men who do not work, but the world is not proud of them.
It does not know their names, even it simply speaks of them as “old So-and-So’s boy”. Nobody likes them; the great, busy world doesn't know that they are there.
So find out what you want to be and do, and take off your coat and make a dust in the world. The busier you are, the less harm you will be apt to get into, the sweeter will be your sleep, the brighter and happier your holidays, and the better satisfied will the world be with you.
働かない若者もいるが、世界が彼らを誇りに思うことはない。
彼らの名は知られずに、ただ「怠けもの」と呼ばれる。彼らは好かれずに、この広い忙しい世界には彼らの居場所はない。
何をしたい、何になりたいのを見つけた法がいい、上着を脱ぎ、ちりを作って。もっと忙しくすれば、君たちには損なうことはなく、安らぎに眠れ、もっと明るく、楽しい休日や、もっと快適な生活をあなたを待っているでしょう。

何故働くの?って良く聞いたりしますね。正直に、何となく分かりますが、はっきりと理由を言えないかもしれません。ただ、自分の生きる意味は「働く」という行動で意味が表すんじゃないかと思います。何より、苦しいこともあるけど、働くことは楽しいです。生きていけば、人は自分の生きる意味を「働き」の中で見つけることが多いと思います。自分だけのためではなく、他人のためでもある仕事をすれば、これ以上の幸せはないかもしれませんね。